新天門橋(仮称)工事 熊本天草幹線道路の道路(みち)づくり

天門橋(天草一号橋)の歴史

HOME >>  天門橋(天草一号橋)の歴史

天門橋(天草一号橋)の歴史

天門橋(天草一号橋)の歴史

  
Purchase english essays that will Written by Top professors of Buy Essays Online with friendly customer support

13379

who can edit my paper

天門橋は、昭和41 年(1966 年)に天草五橋の1号橋として完成し、三角ノ瀬戸に架かる最大の支間300mは、当時、連続トラスとしては世界第一位を誇っていました。天門橋は、交通体 系の強化と共に産業の振興や生活環境の向上にとても重要な役割を果たしている橋であり、九州と天草諸島とを繋ぐ唯一の橋です。 九州本土からこの橋を渡ると、そこは天草四郎のふるさと上天草市大矢野町です。

橋梁形式 鋼3径間連続トラス橋
橋長 502.0m
最大支間 300.0m
完成 昭和41年(1966年)

his comment is here

熊本天草幹線道路(三角~大矢野間)の道路(みち)づくり

熊本天草幹線道路は、熊本市と天草市本渡町(旧本渡市)を結ぶ延長約70kmの間に計画されており、熊本県の総合計画に掲げる、熊本市と県内主要都市を90分で結ぶ構想(90分構想)の実現に必要な道路です。 平成14年5月にその一部である『松島有料道路』(3.3km)を供用しました。 そして、平成19年9月8日、『松島有料道路』に連続する10kmの区間について、『松島有明道路』として供用開始しました。 この『松島有明道路』の開通に伴い、全体で13.3km区間が利用可能となり、これまでの同区間の利用と比べ、所要時間で約12分(距離5.7km)短縮されることになります。

(熊本県庁HPより)